NTT11万人首切り合理化と闘う労働者の会


労働委員会闘争
東京都労働委員会 
09.8.3 N関労東は、A社を相手に、以下についてあっせんを申請した。
(1)不当解雇
(2)明示書に休日の指定が無い・時間外労働手当て割増が無い
(3)時間外の強制により月100時間を越す超過勤務でうつ状態になる。
(4)パワハラ
09.9.14 あっせん。和解

09.8.13 N関労東は、NTTデータ東京SMS株式会社を相手に、以下についてあっせんを申請した。
(1)団交拒否
(2)Mさん、TさんをNTTデータ東京SMS株式会社に雇用すること。
(3)パワハラに対する慰謝料支払うこと。
NTTデータ東京SMS株式会社、あっせん拒否
→ ビラ

09.10.19 N関労東は、NTT東日本会社を相手に、以下についてあっせんを申請した。
(1)労働組合事務室、便宜供与の労組間差別をおこなわないこと。
(2)不誠実団交
09.11.9 NTT東日本会社、あっせんに応じると回答。
09.12.8 第1回あっせん
10.1.26 第2回あっせん
10.2.24 第3回あっせん
10.4.21 第4回あっせん
10.5.21 第5回あっせん
10.6.8 第6回あっせん
→ 一旦、労使交渉に戻すが、12年3月現在、今もって事務室の提示せず。
 8月に入って、千葉・鬼高(市川)ビル、行徳ビルを提示。これまでの議論を無視したアリバイ的な提示。まったく誠意がみられない。

千葉県労働委員会 
09.1.8 N関労千葉支部は、NTT東日本─千葉社を相手に、以下についてあっせんを申請した。
(1)成果主義賃金制度の運用に関わる誠実な団体交渉の促進を求める。
(2)最大組合へのみの組合事務室を関与することは労組間差別であり、当組合に対しても、早期に組合事務室を貸与することを求める。
NTT東日本─千葉社、あっせん拒否

09.11.24 N関労千葉支部は、NTT東日本─千葉社を相手に、以下についてあっせんを申請した。
(1)不当労働行為的不誠実団交に起因する処分撤回。
(2)60歳超え契約社員を理由に、当組合交渉担当の便宜供与剥奪は不当であり、回復すべき。
(3)最大労組へのみ組合事務室を貸与することは労組間差別であり、当組合に対しても、早期に組合事務室を貸与すること。
NTT東日本─千葉社、あっせん拒否

茨城県労働委員会
09.10.2 N関労茨城支部は、NTT東日本─茨城会社を相手に、以下の不当労働行為があるとして、救済申し立てをした。
 『社員の個人所有パソコンの自己点検・自主点検について』の団体交渉に対する会社の不誠実な対応、及び組合員に対する口頭注意及び訓告処分は労働組合法第7条2号、3号に該当する不当労働行為である、として、@団体交渉に誠実に応じること、A処分を撤回すること、B確認書の提出を求めたことを謝罪すること、C謝罪文を交付するとともに、掲示すること。
09.10.20 NTT東日本─茨城会社「答弁書」受領
09.11.13 NTT東日本─茨城会社「準備書面」受領
09.11.26 労働委員会、第1回事情聴取
10.1.13 N関労茨城支部「第1準備書面」提出
10.1.15 N関労茨城支部「第2準備書面」提出
10.1.18 労働委員会、第2回事情聴取
10.3.4 労働委員会、第3回事情聴取
10.3.30 N関労茨城支部・中村委員長、三宅書記長「陳述書」提出
10.4.8 第1回審問
10.5.10 N関労茨城支部・飯村副委員長「陳述書」提出
10.5.18 第2回審問
10.6.8 N関労茨城支部・小峯副委員長「陳述書」提出
10.6.15 第3回審問
10.7.25 第4回審問
10.8.30 第5回審問
11.4.21 命令書 → 中労委データベース

 → 不当労働行為の審査のながれ

中央労働委員会
11.6.2 茨城県労働委員会の「棄却命令」は納得できないと、中央労働委員会に再審査の申し立てを行った。
11.9.29 第1回事情聴取
11.11.17 第2回事情聴取
12.2.14 第3回事情聴取
12.5.22 第4回事情聴取
12.6.25 第5回事情聴取
12.8.30 第6回事情聴取
12.10.26 第1回審問 組合側証人尋問
12.10.29 第2回審問 会社側証人尋問
13.4.17 命令書 → 中労委データベース

 → 不当労働行為事件審査手続の流れ(中労委HPから)

神奈川県労働委員会
09.11.24  神奈川シティユニオンと4名の当該組合員は、テルウェル会社を相手に、以下の不当労働行為があるとして、救済申し立てをした。
 @組合員であることを理由に労働条件の不利益変更を強行した、A時間外勤務手当が適正に支払われていないとの指摘に対して、精査して払うべき賃金は支払うと団体交渉で約束したにも拘らず、具体例を指摘するまで、未払いを認めず、最終回答日にも部分的にしか、誤りを認めない会社の対応は不誠実である、として、神奈川労働委員会に不当労働行為救済の申し立てを行った。
10.1.15 第1回事情聴取
10.2.23 第2回事情聴取
10.5.31 第3回事情聴取
10.6.29 第1回審問 
10.8.30 第2回審問
10.11.17 結審
11.2.23 命令書 → 中労委データベース 

中央労働委員会
神奈川県労働委員会命令は不当として、再審査を申し入れ。2011(H23)12月結審(審理終了)し、労使双方が最終陳述書を提出。
 → 神奈川シティユニオンのビラ



労働局個別労使紛争解決システム
神奈川労働局
05.6.24 保坂貢さん、NTT東日本会社を相手に、以下のあっせん申請をした。
<あっせんを求める事項>
現在の職場、または現在と同じ通勤時間内の職場に配置してほしい
<その理由>
難病認定を受けている妻の介護、家事、子育てができる条件の確保のため
05.7.5 神奈川紛争調停委員会、あっせん開始
05.7.13 神奈川紛争調停委員会、あっせん打切り
<打切りの理由>
 あっせん開始の通知を受けた被申請人が、あっせんの手続に参加する意思がない旨を表明したため、個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律施行規則第12条第1項第1号に該当するものである。